爪水虫は早めの治療が大切!|自分と家族を守るためにも

看護師

原因などについて

案内

巻き爪に関すること

巻き爪が皮膚に食い込んで歩くのも嫌と言う方は以外にも多いかと思われます。巻き爪というのは爪の先が変形して内側や外側に傾いている状態のことを指します。巻き爪になってしまうと靴を履く時に傾いた爪の先が皮膚に食い込んで痛みを生じることもあります。巻き爪になってしまう原因は一体なんなのかというと、巻き爪になってしまう原因は主に合わない靴を履き続けるとういことだといわれています。例えばヒールが高すぎる靴、足先の幅が狭い靴などは巻き爪を引き起こしてしまう危険性があります。何故かと言うとヒールが高い靴や足先の幅が狭い靴を履き続けていると、足の爪部分に圧力をかけ続けるということにも繋がるのです。足の爪部分に圧力をかけ続けていると徐々に爪の形が変形していって巻き爪になります。

東京エリアの皮膚科で受けられる巻き爪治療

巻き爪を改善する為には巻き爪の原因となっている靴を変えることがオススメだといわれています。東京エリアの皮膚科で巻き爪の治療を受けるということは可能ですが、巻き爪の原因である靴を履き続けていると巻き爪を治療してもまた巻き爪になってしまうということも考えられます。東京エリアの皮膚科で巻き爪の治療を受けるのであれば、まず巻き爪の原因となっている靴を買い換えてから東京エリアの皮膚科に行って治療に望むと良いでしょう。